ダンベル・リアレイズは三角筋の後部を効果的に鍛える筋トレ

ダンベル・リアレイズ

ABOUTこのブログの運営者

東京都中央区出身。慶應義塾大学商学部を卒業後、外資系ソフトウェアベンダーに5年間働いた後、筋トレが好きすぎてパーソナルトレーナーとして独立。 婚約を機に、平日は普通のサラリーマンをしながら、土日に趣味でパーソナルトレーナーをしている。




本日は、三角筋後部、いわば背中側にある三角筋を集中的に鍛えることができる筋トレ、ダンベル・リアレイズをご紹介します。

ダンベルを使ったトレーニングなので、ご自宅でも簡単に行える種目ですよ

ダンベル・リアレイズのやり方

ダンベル・リアレイズ

ダンベルは縦に、腕は正面まっすぐ

ダンベルの持ち方はフラット・ダンベルフライと同じです。

ダンベルは両手で縦になるよう握り、腕は身体の正面にまっすぐ伸ばすようにします。

腰を落として前傾になる

そして、膝を少しだけ曲げて腰を落としたのち、上半身を前傾させます。

ダンベル・リアレイズの姿勢

ダンベル・リアレイズの姿勢

前傾になったとき、背筋が丸まってしまわないように注意しましょう。背筋は伸ばしたままで行うことがポイントです。

 

腕を伸ばしたまま持ちあげる

腕を曲げずに持ち上げる

腕を曲げずに持ち上げる

腕を伸ばしたままダンベルを左右に持ち上げます。

背中と水平になる高さまで上がったら、元の位置に戻して完了です。これで1回となります。







ダンベル・リアレイズ

あとで読むためにポチっと!