Google Analyticsにブログを登録した手順を画像で解説!

【Google Analytics】にこのブログを登録した手順をまとめました

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部を卒業後、外資系企業に勤務しながらプロボディビルダーに師事し知識と技術を習得。現在は渋谷でサラリーマンをする傍ら、休日にパーソナルトレーニングを指導している。




ブログを始めた方は、「自分のブログにどれだけの人がアクセスしてくれているのか」が気になってくます。

そんな方には、Googleが提供している無料のアクセス解析サービス『Google Analytics』がおすすめです。

Googleアカウントを持っている方なら誰でもタダで利用できますし、常に新しい機能がアップデートされていて、かゆいところに手が届く仕様になっています。

ブログを作って2日目なのでアクセスは皆無でしょうが、いずれは利用することになるサービスなので、今のうちに登録してしまおうと思います。

Google Analyticsを開始

サービスページにアクセス

Googleアカウントを持っているだけでは、まだ『Google Analytics』を開始していない状態です。

『Google Analytics』のサービスページにアクセスして、Google Analyticsの利用を開始しましょう。

Google Analyticsのサービスページ

Google Analyticsのサービスページ

 

Google アカウントにログイン

サービスページの右上にある[ログイン]をクリックします。

Google アカウントをお持ちでない方は、[アカウント作成]をクリックしてGoogle アカウントを作成しましょう。
1. [ログイン]をクリック

1. [ログイン]をクリック

メールアドレスを入力して、[次へ]をクリックします。

google-analytics_03

 

パスワードを入力して、[ログイン]をクリックします。

google-analytics_04

 

Google Analyticsを申し込む

Googleにログインしたら、『Google Analytics』に申し込むために[お申し込み]をクリックします。

google-analytics_05

 

必要事項の入力

必要事項を入力していきます。各項目は以下のように入力もしくは選択すれば良いでしょう。

トラッキング対象

トラッキング対象は、「ウェブサイト」か「モバイルアプリ」のどちらかを選択します。今回はブログを登録したいので、「ウェブサイト」を選択します。

google-analytics_06

 

アカウントの設定

アカウントの設定では「アカウント名」を決めます。「アカウント名」には特に縛りがなく自由に設定できるので、自分の名前にしておけば良いでしょう。

google-analytics_07
「アカウント名」は後から変更することが可能です。

 

プロパティの設定

プロパティの設定では4つの項目を入力します。

  1. 「ウェブサイト名」
  2. 「ウェブサイトのURL」
  3. 「業種」
  4. 「レポートのタイムゾーン」
google-analytics_08

 

「ウェブサイト名」は、自分がウェブサイトにつけたい名前を入力すればOKです。僕の場合は、one more protein.comと入力しました。

「ウェブサイトのURL」にはそのまま、ブログのURL「one-more-protein.com」を入力します。

「業種」はウェブサイトの運営目的と解釈してもOKでしょう。僕はパーソナルトレーナーとして活動するためにこのブログを運営しているので、美容、フィットネスとしました。

「レポートのタイムゾーン」は、自分が住んでいる国を選んでください。これはGoogle Analyticsで表示される時間帯を指定するものです。

 

データ共有設定

データ共有設定は、Googleのサービス改善や顧客調査のために自身の利用状況データを共有するかどうかを問うものです。僕はあまり気にしないタチなので全てデフォルトのままチェックしてあります。

google-analytics_09

 

[トラッキングIDを取得]をクリックします。

google-analytics_10

 

利用規約に同意する

Googleアナリティクス利用規約が表示されます。

google-analytics_11

 

そのままだと英語になっていて読めないので、「日本」を選択して日本語化しましょう。

そして最後に、[同意する]をクリックします。

google-analytics_12

 

これでGoogle Analyticsを始める手続きは完了し、専用のトラックキングIDが発行されます。

google-analytics_13

 

2. ブログにトラッキングIDを設定

さきほど発行されたトラッキングIDをブログに設定します。設定しないとアクセスがカウントされません。

2-1. トラッキングIDをコピー

発行されたトラッキングIDをコピーします。

google-analytics_14

 

トラッキングIDを設置

ブログの管理画面をひらいて、管理バーで[外観] → [カスタマイズ]をクリックします。

google-analytics_15

 

[アクセス解析コード]をクリックします。

google-analytics_16
僕はWordPressのテーマとして『Stork』を利用していますので、カスタマイズからアクセス解析コードを設置できるのです。

 

さきほどコピーしていたトラッキングIDを貼り付けます。

google-analytics_17

 

以上で作業は完了です。これでこのブログにおいてGoogle Analyticsでのアクセス解析がはじまりました。

 

自分のアクセスを除外

Google Analyticsの設置が完了したのはいいですが、このままでは自分で確認のためにアクセスしてもカウントされてしまいます。

そこで、自分のアクセスだけを除外するための設定をしていきます。

僕はIPアドレスで自分のアクセスを除外します。このブログにアクセスするのは自宅にいるときなので、自宅のWiFiのIPアドレスを登録します。

IPアドレスを確認

自宅のWifiで接続しているときのIPアドレスを確認します。IPアドレスの確認には『CMAN』の無料サービスを利用します。

google-analytics_18

 

Google Analyticsでフィルタ作成

Google Analyticsの管理画面にログインし、[管理]をクリックします。

google-analytics_19

 

続いて、[フィルタ]をクリックします。

google-analytics_20.png

 

[+フィルタを追加]をクリックします。

google-analytics_21

 

まずは[フィルタ名]を入力します。ここは自由に決めてしまってOKなので、僕は「自分のIPを除外」と入力しました。

google-analytics_22

 

次に、[フィルタの種類を選択]で[除外]を選択します。

google-analytics_23

 

続いては[参照元かリンク先を選択します]です。今回はIPアドレスでアクセスを除外するので、[IPアドレスからのトラフィック]を選択します。

google-analytics_24

 

最後に「式を選択します」で、[等しい]を選択します。これで次に入力するIPアドレスと一致したアクセスのみを除外できます。

google-analytics_25

 

さきほど確認したIPアドレスを入力して、[保存]をクリックします。

google-analytics_26

 

これで完了です。

google-analytics_27
今回はIPアドレスが完全一致した場合のみ除外する設定をしましたので、IPアドレスが変わるたびに設定しなおす必要があります。







【Google Analytics】にこのブログを登録した手順をまとめました

気に入ったらシェアお願いします(>人<;)