メーカー、販売会社の皆様
PR記事の執筆依頼はご遠慮いただいております。

サーバーの運営費やドメイン費ですごいお金が…
⬇︎画像をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

インクライン・ダンベルシュラッグで僧帽筋下部を鍛える

インクライン・ダンベルシュラッグ

ABOUTこの記事をかいた人

東京都中央区出身の29歳。慶應義塾大学商学部を卒業。
外資系IT企業を経て、フィットネス事業の会社を設立し、自身もパーソナルトレーナーとして働く。
現在はIT系ベンチャー企業でサラリーマンをしながら、フィジークへの出場を目標に日々筋力トレーニングを続けている。




本記事では、僧帽筋下部を鍛えるインクライン・ダンベルシュラッグというトレーニングをご紹介します。

インクライン・ダンベルシュラッグとは?

インクライン・ダンベルカールの知識

実践していく前に、まずはインクライン・ダンベルシュラッグとはどんなトレーニングなのかを理解していきましょう。

知識の伴っていない筋トレは効果が半減してしまいますので、少し面倒ですが、ぜひ読み進めていただけますと幸いです(>人<;)

インクライン・ダンベルシュラッグは英語でincline dumbbell shrug

インクライン・ダンベルシュラッグは英語で「incline dumbbell shrug」と書きます。

inclineの意味

inclineは「傾けさせる」という動詞で使われたり、「傾斜」という名詞としても使われています。

inclineの例文

  • an inclined desk (傾いた机)
  • sharp incline (急な下り坂)
  • steep incline (急こう配)

 

dumbbellの意味

dumbbellを綴りのままみるとわかりにくいですが、「ダンベル」と読みます。ちょっと古い日本語ですが「アレイ」を意味する名詞です。

dumbbellの例文

  • Hold a dumbbell in each hand
    (それぞれの手でダンベルをもちます。)
  • Grasp the head of a dumbbell with both hands and extend your arms until they are straight above your head
    (ダンベルの頭を両手でつかみ、頭の上でまっすぐになるまで腕を広げます。)

 

shrugの意味

最後のshrugですが、この言葉は英語を勉強していてもほとんど聞かなかったですよね。shrugは「肩をすくめる」という意味の動詞として使われるようです。

shrugの例文

  • Ken and Kumi looked at each other and shrugged.
    (ケンとクミはお互いを見て肩をすくめた。)
  • He shrugged his shoulders.
    (彼は肩をすくめた。)

 

姿勢を傾けたダンベルシュラッグ

3つの単語を並べたincline dumbbell shrugの意味を考えてみましょう。

dumbbell shrugはダンベルシュラッグと訳します。もともと、ダンベルを持って肩をすくめるトレーニングをダンベルシュラッグと呼ぶのです。

なので、incline + ダンベルシュラッグという組み合わせだと考えられますので、「姿勢を傾けた状態でのダンベルシュラッグ」を指している単語だと理解できます。

インクライン・ダンベルシュラッグ

インクライン・ダンベルシュラッグ

 

プローン・インクライン・ダンベルシュラッグとは違うの?

このブログではインクライン・ダンベルシュラッグで統一していますが、トレーナーによってはプローン・インクライン・ダンベルシュラッグと呼んでいる人もいらっしゃいます。

このプローンとは英語でproneと書き、「うつ伏せ」という意味の形容詞として使われます。

つまり、プローン・インクライン・ダンベルシュラッグとは「うつ伏せに姿勢を傾けたダンベルシュラッグ」という意味になるのでしょう。

Yoshio
あくまで僕の推測ですが、インクライン・ダンベルシュラッグといえばうつ伏せになることが一般的なので、プローンを省略して呼ばれることが多くなったのではないかと思われます。

 

インクライン・ダンベルシュラッグで鍛えられる筋肉は?

続いて、インクライン・ダンベルシュラッグで鍛えることができる筋肉を知っていきましょう。

筋肉トレーニングは「◯◯筋にしっかり効いているぞぉ~」と、狙った部位がきちんと刺激されていることを確認しながら1回ずつ行なっていくほうが効果が高まるのです。

僧帽筋

僧帽筋

僧帽筋の位置

インクライン・ダンベルシュラッグでは僧帽筋が主に鍛えられます。

さらに言うと、仮に僧帽筋を上部・中部・下部に分類したとすれば、インクライン・ダンベルシュラッグは、僧帽筋の中部から下部にかけてを鍛えるトレーニングと言えるでしょう。

Yoshio
通常のダンベルシュラッグは肩を上に持ち上げる動作です。

しかし、インクライン・ダンベルシュラッグでは肩を後ろに寄せていくイメージで行います。

 

インクライン・ダンベルシュラッグのやり方

ここからは実践編です。

インクライン・ダンベルシュラッグはジムでもやっているトレーニーをみかける機会が少ないトレーニングですが、どなたでも実践できる簡単な種目なのでご安心ください。

インクラインベンチにうつ伏せになる

まずはインクライン姿勢をとることができるよう、インクラインベンチを用意します。

インクライン・ベンチを用意する

インクラインベンチをご準備いただけたら、背もたれにうつ伏せになりましょう。角度は斜め45度くらいでいいでしょう。

Yoshio
インクラインベンチなんて近くにないという場合は、斜めにうつ伏せになれる椅子などをご用意いただければOKです

 

ダンベルを縦にもつ

ダンベルを縱にもつ

ダンベルを縱にもつ

続いて、ダンベルを両手でもちます。この時、ダンベルを横にするのではなく、縦にもつようにしてください。

ダンベルを横にもってしまうと、肩が上に上がってしまって僧帽筋の上部に力が入ってしまいます。

インクライン・ダンベルシュラッグでは僧帽筋の中部から下部を鍛えることが目的ですので、肩を落として僧帽筋全体を後ろに下げるようにしましょう。

 

肩甲骨を寄せるイメージで、肩を後ろに下げる

インクライン・ダンベルシュラッグの準備ができたら、ようやくトレーニングをしていきます。

通常のダンベルシュラッグでは肩を上にあげることで僧帽筋上部を鍛えますが、インクライン・ダンベルシュラッグでは僧帽筋を背骨にギュッと引き寄せる感じで行います。

インクライン・ダンベルシュラッグ
注意するポイント

  1. 肩を上げない。
  2. 肘を曲げない。
  3. 体とベンチはくっつけたまま。

 

あとがき

いかがでしたでしょうか。

本日は僧帽筋の中部から下部にかけてを鍛えるトレーニング、インクライン・ダンベルシュラッグをご紹介いたしました。

立ったまま行うダンベルシュラッグと同じでとても簡単なトレーニングです。ただ、斜め45度でうつ伏せになれる背もたれがなかなかないかもしれませんね。

そういうトレーニーは、民間のジムにご入会いただくか、公共のジムでトレーニングしていただくことをおすすめいたします。







インクライン・ダンベルシュラッグ

気に入っていただけましたら、シェアしてくださると嬉しいです。