マカの健康効果|男性は滋養強壮と精力アップ、女性は妊活と更年期対策に!

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部を卒業後、外資系企業に勤務しながらプロボディビルダーに師事し知識と技術を習得。現在は渋谷でサラリーマンをする傍ら、休日にパーソナルトレーニングを指導している。




薬局やコンビニでサプリメントとして取り扱われるようになったので、今では一般的知名度も高くなった「マカ」。

この記事では、マカの健康効果を研究論文に基づいてご紹介していきたいと思います。

マカの健康効果<論文あり>

男性の精力増強

マカと聞いて連想するのは「男性の精力を高める健康効果」ですよね(僕の発想がアレなだけか…)。

マカによる精力増強の可能性を調べた研究論文は以下。

Effect of Lepidium meyenii (MACA) on sexual desire and its absent relationship with serum testosterone levels in adult healthy men

Abstract(要旨)を以下に転載します。

This study was a 12-week double blind placebo-controlled, randomized, parallel trial in which active treatment with different doses of Maca Gelatinizada was compared with placebo. The study aimed to demonstrate if effect of Maca on subjective report of sexual desire was because of effect on mood or serum testosterone levels. Men aged 21-56 years received Maca in one of two doses: 1,500 mg or 3,000 mg or placebo. Self-perception on sexual desire, score for Hamilton test for depression, and Hamilton test for anxiety were measured at 4, 8 and 12 weeks of treatment. An improvement in sexual desire was observed with Maca since 8 weeks of treatment. Serum testosterone and oestradiol levels were not different in men treated with Maca and in those treated with placebo (P:NS). Logistic regression analysis showed that Maca has an independent effect on sexual desire at 8 and 12 weeks of treatment, and this effect is not because of changes in either Hamilton scores for depression or anxiety or serum testosterone and oestradiol levels. In conclusion, treatment with Maca improved sexual desire.

 

この研究では、21歳~56歳までの健康な男性56名を2つのグループに分け、12週間(3ヶ月)にわたってそれぞれ1二日あたり1.5gもしくは3gのマカを摂取させる実験を行いました。

12週間のうち、4週目・8週目・12週目の3回にわたって性的欲求とテストステロン(男性ホルモン)およびエストラジオール(女性ホルモン)の濃度をチェックしたところ、

  1. 性的欲求は8週目で高まった。
  2. テストステロン濃度には変化なし。

という結果が得られたとのことです。

ちなみにこの研究では、マカが性的欲求を高めるメカニズムについては明らかにされておらず、また、あくまで「ハミルトンテスト」という心理テストによって性的欲求が高まったという内容でした。

Yoshio
そのため、マカによる精力向上を期待している方は、「ものは試しに摂ってみよう」という心持ちでマカを飲んでいただくのがベストだと思います。

マカの健康効果<論文未発見>

ここからは、マカの健康効果として謳われているものの、科学的根拠がないもしくは根拠が乏しい健康効果についてお話します。

【男性】勃起不全を改善する?

通称EDと呼ばれる勃起不全。
男性だったら絶対に避けたい病気ですし、万が一にでもなったりしたら、なんとかして改善したいと思いますよね。

ただ、勃起不全には物理的な要因だけでなく、精神的な要因も考えられるため、原因不明のまま改善しないことも少なくありません。

精力向上に効果があるという文脈で、ED(勃起不全)も治す効果があるように言われていますが、そのような効果を示す研究を見つけることはできませんでした。

Yoshio
どなたか見つけたらぜひ教えてください!

【男性】精子の量が増える?

こちらも精力増強と同じ文脈ですね。
噂に尾ひれがついて拡大していくように、「精力増強」というワードから精子数アップという効果まで期待されるようになりました。

この点については根拠を示す研究論文があるものの、同時にその効果を否定する研究論文もあります。

また、2010年に発表されたMaca (L. meyenii) for improving sexual function: a systematic reviewというシステマティックレビューにおいては、「対象のサンプル数が少ない等の理由で、結論を出すには早急である」との結論に至っています。

Yoshio
なので、精子の量を増やしてくれるかもしれませんが、まったくその効果がないかもしれないという状態です。

【女性】更年期障害の予防・改善

女性は更年期になると、女性ホルモンのバランスが変わることなどにより、更年期障害といわれる症状に悩まされる方がいらっしゃいます。

マカが女性の更年期障害の予防もしくは改善に効果があると言われることがありますが、こちらも科学的根拠を示す研究論文を見つけることはできませんでした。

【女性】不妊症の改善

不妊で悩む女性に対し、「マカが不妊症を改善する」という健康効果が謳われていることがありますが、こちらも根拠を見つけることができませんでした。







気に入ったらシェアお願いします(>人<;)