ナロー・ベンチプレスで上腕三頭筋と大胸筋中部をセットで鍛える

ナロー・ベンチプレス




上腕三頭筋大胸筋中部をまとめて鍛えることができるナロー・ベンチプレスをご紹介します。

ナロー・ベンチプレスのやり方

フラットベンチに仰向けになる

オーソドックスなベンチプレスと同じように、ナロー・ベンチプレスもフラットベンチに仰向けになって行います。

ナロー・ベンチプレス

ナロー・ベンチプレスは身体の軸周辺に負荷がかかる筋力トレーニングなので、両脚もほとんど開かないままでOKです。

トレーナーによっては、両脚をベンチにあげてたたんで行っている方もいらっしゃいます。

両脚をたたむ方もいる

両脚をたたむ人もいる

 

手幅はこぶし2個分空けてグリップ

ナロー・ベンチプレスの特長はグリップ時の手幅の狭さです。

手幅を狭くグリップすることによって、上腕三頭筋も使ってバーベルを持ち上げることになるため、上腕三頭筋大胸筋が一緒に鍛えられるわけです。

ナローベンチプレスの手幅はこぶし2個分くらい

手幅はこぶし2個分

 

バーベルを下げる

ナロー・ベンチプレスは手幅が狭いので、脇を締めながらバーベルを下げることになります。

ナローベンチプレス

ナローベンチプレス

きちんとバーベルが胸にあたる程度まできちんと下げて、元の高さまで押し戻していきましょう。

 

あとがき

いかがでしたでしょうか。

今回はナロー・ベンチプレスをご紹介しました。上腕三頭筋と大胸筋を一緒に鍛えることができるメニューなので、胸と腕を同日に鍛えるトレーニーに特におすすめしたいトレーニングですね。

 

ご質問は「お問い合わせフォーム」で受け付けています。







ナロー・ベンチプレス

シェアしてもらえると嬉しいです。