メーカー、販売会社の皆様
PR記事の執筆依頼はご遠慮いただいております。

サーバーの運営費やドメイン費ですごいお金が…
⬇︎画像をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

【MuscleTech】ニトロテックリップド(チョコ)の6効果成分・飲んだ感想

マッスルテックのプロテイン『ニトロテックRipped』

ABOUTこの記事をかいた人

東京都中央区出身の29歳。慶應義塾大学商学部を卒業。 外資系IT企業を経て、フィットネス事業の会社を設立し、自身もパーソナルトレーナーとして働く。 現在はIT系ベンチャー企業でサラリーマンをしながら、フィジークへの出場を目標に日々筋力トレーニングを続けている。




本日は、マッスルテックというメーカーが製造・販売しているプロテイン『ニトロテック・リップド(Nitro-Tech Ripped)』のチョコレート・ファッジ・ブラウニー味をレビューしていきたいと思います。

今回ご紹介していくプロテインはこちらです。

↓ ↓ ↓

マッスルテック製『Nitro-Tech Ripped』

マッスルテックのプロテイン『ニトロテックRipped』

パッケージの文字数の多さが海外製プロテインって感じですね。

おすすめポイント

はじめに、『ニトロテックRipped』のおすすめポイントをご説明しておきます。

カフェインがないから安心!

海外製サプリメントやプロテインの中には、覚醒効果のあるカフェインを配合している商品が少なくありません。

トレーニング前のカフェインには体脂肪燃焼を促進する働きがあることは有名ですが、プロテインは筋トレ後や就寝前に飲むこともあります。

僕のようにカフェインに敏感な方だと、夕方に飲んだとしてもまったく寝れなくなったりします。

また、過剰なカフェイン摂取は心臓に負担をかけ、場合によっては死んでしまうこともあります。

プロテインは筋肉の元になるタンパク質がたくさん含まれていて、人によってはできるだけたくさん飲みたいケースもあるでしょう。

カフェインが入っていると健康に支障をきたす恐れがありますが、『ニトロテックRipped』にはカフェインが含まれていないので、日常生活の中でも安心して摂取できるのです。

 

禁止物質も一切なし!

ボディビルディングの大会に出場したいという方にとっては、飲んでいるプロテインやサプリメントにドーピング物質が含まれていないかどうかはすごく大切なこと。

“うっかりドーピング”という造語があるように、リップクリームや調理器具に含まれている禁止物質でも、体内に残っていればドーピングとして判断されてしまうのが現状です(一度でも例外をつくるとキリがなくなる)

マッスルテックの『ニトロテックRipped』には禁止薬物が一切含まれていないようなので、ボディビルディングの大会を目指している方にもおすすめです。

 

ニトロテックRippedを飲んだ感想

早速ですが、お水に溶かして飲んでいきたいと思います。

届いたのでいざ開封!

ついに、海外サプリ激安購入サイトのiHerb(アイハーブ)で購入した『ニトロテックRipped』が届きました!

マッスルテックのプロテイン『ニトロテックRipped』

 

フタ周りについているビニールを外していきます。

マッスルテックのプロテイン『ニトロテックRipped』

 

ビニールが取れたのでフタを開けてみましょう。

マッスルテックのプロテイン『ニトロテックRipped』

 

白い中蓋で密封されていました。海外製なので不安でしたが、不純物が入らないように容器がしっかり作り込まれているようですね。

マッスルテックのプロテイン『ニトロテックRipped』

 

白い中蓋を指先でチビチビはがしていきます。

マッスルテックのプロテイン『ニトロテックRipped』 マッスルテックのプロテイン『ニトロテックRipped』

 

なにが入っているのか見てみよう

さて、『ニトロテックRipped』の中身はどうなっているのか見ていきます。

のぞいてみると茶色いパウダーしか見えません。もしかして付属スプーンはついていないでしょうか。

マッスルテックのプロテイン『ニトロテックRipped』

 

少し容器を揺らしてみたら、大きなスプーンが顔を出しました。

マッスルテックのプロテイン『ニトロテックRipped』

 

スプーンを取り出してみます。手を入れて取り出すのに苦労するくらいギリギリのサイズ感です。

マッスルテックのプロテイン『ニトロテックRipped』

 

画像だとスプーンの大きさが伝わりにくいので、誰でも持っているであろうICカードと並べて比較してみました。

ほとんど同じくらいの大きさですね。日本製プロテインについているスプーンの何倍もの大きさがあります。

マッスルテックのプロテイン『ニトロテックRipped』

 

実際に飲んでみよう

それでは早速、『ニトロテックRipped』を飲んでいきいと思います。

付属スプーンですりきり1杯になるように取ります。ただ、スプーンが大きすぎてキレイにすりきりにならないかもしれません。

マッスルテックのプロテイン『ニトロテックRipped』

 

僕は濃い味が好きではないので水に溶かして飲みますが、牛乳で割ってもいいでしょう。

量は200~300mlがちょうどいいと思います。

マッスルテックのプロテイン『ニトロテックRipped』

 

しばらくシェイクするとこんな感じ。

マッスルテックのプロテイン『ニトロテックRipped』

 

飲んだ感想
  • 甘すぎず薄すぎず、とてもバランスが良い。
  • 粉っぽさを全く感じない。ココアみたいな飲み心地。
  • 水の量で好みの味にできる柔軟さが良い。

 

 

ニトロテックRippedだけの成分6種

続いては、『ニトロテックRipped』にどんな成分がどのくらい含まれているのかについてお話したいと思います。

栄養成分表示(Supplement Facts)の内容を見てみましょう。

マッスルテックのプロテイン『ニトロテックRipped』の栄養成分表示

 

これまでのレビュー記事と同じように、日本語に直してみました。

マッスルテックのプロテイン『ニトロテックRipped』の栄養成分表示

『ニトロテックRipped』の栄養成分は大きくわけて2種類。一般的なプロテインに含まれているのが前半で、この商品独自の配合が後半です(Ripped+ Matrix)。

 

①L-カルニチンL-酒石酸塩

L-カルニチンはビタミン様物質の1つで、脂肪燃焼効果があります。

ビタミン様物質とは?

ビタミンのような働きをする体内で合成可能な物質のことです。ビタミンの定義には当てはまらないのでビタミン様物質と区別されています。

『ニトロテックRipped』は、筋肉量を増やすバルクアップではなく、減量しながら筋肉をつけることで、引き締まった体になることを目的に開発されました。

ちなみに、L-カルニチン単体ではなく「L-カルニチンL-酒石酸塩」にすることで、体内での吸収効率を高くしています。

 

②共役リノール酸(Conjugated Linoleic Acid)

共役リノール酸は不飽和脂肪酸の1種で、体内の栄養循環を助ける働きがあります。

例えば、体脂肪を分解してエネルギーに変換する酵素の働きを促進したり、タンパク質などの栄養を筋線維(筋繊維)に送りこんで発達を促してくれます。

一言でいえば、消費カロリーを増やして痩せやすい体にしてくれるわけです。

 

③コーヒーノキ・ロブスタ種(C.カネフォラ・ロブスタ抽出物)

コーヒーノキ・ロブスタ種(ロブスタ・コーヒーノキとも呼ばれる)は、アフリカや東南アジアで栽培されている植物で、その名が示すとおり、その豆はコーヒーの原料と親しまれています。

コーヒーにはダイエット効果があると言われたりしますが、その大元である植物から抽出した成分にも原料効果があるのです。

ロブスタコーヒーノキ

 

④緑茶、⑤ローズヒップ、⑥昆布

『ニトロテックRipped』には、ロブスタコーヒーノキだけでなく、同じようにダイエットを促進すると考えられている緑茶・ローズヒップ・昆布から抽出した成分が含まれています。

 

ニトロテックRippedの成分まとめ

ここまでの内容を総括すると、『ニトロテックRipped』にはダイエット効果が高い成分が数種類ふくまれていて、減量したいトレーニーに向いているプロテインであると言えるでしょう。

また、タンパク質も1杯あたり30gと日本製プロテインの1.5~2倍の量が配合されているので、筋肉を増やしてバルクアップする方にも向いています。

どちらのニーズにもバランス良く対応できる素晴らしいプロテインだと思います。

なおかつ味もすごく美味しいです。このプロテインを飲む前はゴールドスタンダードシリーズが最高だと思っていましたが、今では『ニトロテックRipped』が個人的にベストな商品です。







マッスルテックのプロテイン『ニトロテックRipped』

気に入っていただけましたら、シェアしてくださると嬉しいです。