パラレルキャリアと副業の違い|メリットと実例を解説

パラレルキャリアとは

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部を卒業後、外資系企業に勤務しながらプロボディビルダーに師事し知識と技術を習得。現在は渋谷でサラリーマンをする傍ら、休日にパーソナルトレーニングを指導している。




(2018年6月6日に最新情報へ更新)

こんにちは、Yoshioです。
平日はサラリーマンをしていますが、パラレルキャリアとして土日にパーソナルトレーニングを教えています。

 

最近、ちょいちょい耳にするようになったこの「パラレルキャリア」というキーワード。

僕自身もやっていますし、これからどんどんパラキャリを実践する人が増えていくと思うので、この機会に記事にまとめておきます。

パラレルキャリアとは?

さて、早速ですが「パラレルキャリア」とはなんでしょうか。

実は、この言葉を最初に提言したのは、ビジネス界では知らない人はいないであろう知の巨人、ピーター・F・ドラッカーです。

ピーター・F・ドラッカー氏の著書、『明日を支配するものー21世紀のマネジメント革命ー』にて、パラレルキャリアが説明されています。

副業との違いは、金銭的報酬を目的としていないこと

最近は日本政府も民間企業に副業を認めるよう働きかけていて、サラリーマンでも副業をはじめる人が増えてきていますね。

そんな中、パラレルキャリアと言うと、よく「副業とどう違うの?」と思われるのですが、もっとも大きな違いは「金銭的報酬を得ることを目的としているどうか」です。

副業は「第二の収入源」という位置づけで行われるものであり、キャリアというには抵抗がある人が大半でしょう。
例えば履歴書で「副業でバイトをしてました!」とアピールする方はほとんどいないと思います。

パラレルキャリアでは収入ではなく、「自己実現」や「スキルアップ」といった達成感や名誉を目的としており、本業が終わったおとに「もう一つの名刺を持って」、違う顔として活動する点が特徴的です。

ただ、公式機関が定義してくれているわけではないので、人によって意見は異なるかもしれません。
例えば、客観的情報の集合知とされるウィキペディアにて、「パラレルキャリア」は以下のように説明されています。

近年のパラレルキャリアの論調は、軸足はあくまで本業の会社におき、社外活動であっても何らかの形で本業に結びつけることを意識し、社外との関わりを作ることを指す場合が多い。この点が、本業と全く関係ない仕事を時間外に行う副業と異なる点だ。パラレルキャリアを推奨することで、企業は従業員の教育コストと時間を省いて従業員に新たなスキルを習得させることが可能になる。

引用元:パラレルキャリア

Yoshio
はじめは趣味で始めた筋トレでしたが、やめられなくなりついには仕事にしてしまうのも、パラレルキャリアです。

セカンドキャリアとの違い

セカンドキャリアとの違いは簡単です。

パラレルキャリアは2つの仕事や立場を同時並行的に進めるのに対し、セカンドキャリアは1つの仕事を引退して、改めて始めて第二のキャリアという意味です。

セカンドキャリアの一般例としては、定年後の第二の人生が当てはまるでしょう。

Yoshio
僕の大学時代の友人のお父さんが、会社を定年退職したあとに起業していましたが、これは立派なセカンドキャリアです。

ちなみに、現役時代の人脈もあってか、起業してすぐにもかかわらずかなり成功しているようです(羨ましい)。

パラレルキャリアのメリット(良い点)

①夢を諦めなくていい

パラレルキャリアがもつ最大のメリットは、自分が叶えたいと願ってやまない想いを形にするチャンスが増えることです。

シングルキャリアが主流だったこれまでは、例えば「ミュージシャンになる」という夢をもっていたとしても、「企業に就職して両親を安心させなければならない」というプレッシャーがかかって、いつかは諦めなければいけませんでした。

もちろん、中にはそんな固定観念にとらわれず、成功するまで夢を追いかけ続けることで、ビッグになったアーティストもいらっしゃるでしょう。

しかし、パラレルキャリアでは企業でサラリーマンとして働きながらも、ミュージシャンとして活動すればいいわけです。

Yoshio
夢を追いかけ続けられるというのは、それだけで幸せなかことです。

しかもパラレルキャリアでは、2つのキャリアを掛け合わせてビジネスをするなど、副業とは違った可能性を秘めています。

②成功すれば起業につながる

一時期、大学を卒業しても会社にはいらず、個人事業主として生きていく新卒フリーランスという生き方が話題になりました。

別にどうやって生きようとその人の勝手だと思いますが、僕はサラリーマンがものすごく恵まれていると知っているので、決して真似できない生き方です。

なので、皮肉ではなく本気で尊敬しています。

ですがパラレルキャリアにおいては、会社員でありながらにして、自分がうまくいくと思ったビジネスを始めてみればいいのです。

どんなビジネスでも初期は高確率で失敗しますが、本業があれば安心してチャレンジできますし、万が一にも成功してしまえば、会社をやめて起業することも夢ではありません。

Yoshio
僕は会社をやめてから起業したセカンドキャリア組でしたが、サラリーマンと平行してパラレルキャリアとしてやれば良かったと後悔し、今ではサラリーマンをしながら、時間を見つけてほそぼそとパーソナルトレーニングを教えています。

③好きなことが仕事になる(かもしれない)

「好きなことで稼ぐ」

これって誰もが夢に抱いていることですよね笑

パラレルキャリアでは、この「好きなことでお金をいただく」というのが実現できるかもしれません。

もちろん、本業のかたわら少しずつ形にしていくことなので、なかなか趣味だけで生活するのは難しいですし、運良く一時的に稼げたとしても、継続するかどうかは運に左右されます。

ですが、誰もが一度は抱く「やりたいことで生きていく」という壮大な夢を、パラレルキャリアなら実現できる(かもしれない)のです。

④ストレス発散になる

パラレルキャリアをやってみると分かりますが、別にお金をいただけなくても、好きなことをしているのでストレス発散になるんですよね。

もちろん、ご家族がいるとなかなか土日に好きなことをやるのは難しいかもしれませんが、それこそ自宅で始められるスタイルでやってみるだけで、気分は違うと思います。

例えばブログ。
「サラリーマンを辞めるためにブログで稼ぐ!」みたいな不純な動機だと続かないし何よりパラレルキャリアじゃないですが、「自分の好きなテーマで情報を発信する」という軽い気持ちでやってみると、けっこう世界が変わって見えます。

当ブログは自前のサーバにワードプレスで作っていますが、初期費用や継続費用などけっこうお金がかかります。
おこづかいの範囲内でやろうと思っているサラリーマンの方は、はじめはフリーのブログサービスでやってみて、半年~1年くらい続いた段階で、自前のサーバーを立ててやってみるといいです。
Yoshio
僕ははじめからパーソナルトレーナーだけで生活するために、集客目的でウェブサイトを立ち上げました。
あの頃はけっこう過酷だったというか、立ち上げたばかりのサイトはGoogleでも検索結果に出てこないので、結局アナログの集客をしまくりました。

でも、サラリーマンに戻って趣味のブログとして続けてみると、お金を目的にしてないおかげで、ただただ楽しく続けられてるんですよね。

⑤人脈が増え本業につながる(かも)

どんなパラレルキャリアをやるかによって変わりますが、本業と近いカタチでやっていると、その人脈が本業に活きるかもしれません。

例えば、偶然同じ業界の人とつながって、本業で販売しているサービスが売れるかもしれませんし、キーマンを紹介してもらえるかもしれません。

何より、趣味を通じてつながっているので、提案までのハードルが少なくなり、提案中のサポートもしてもらえるかもしれないのです。

Yoshio
僕は本業とあまり関わりがないのと、親しい友人以外には公言していないことがあいまって、本業にまったく活かせていないです。

パラレルキャリアの芸能人・有名人

実際にパラレルキャリアをしている方をご紹介します。

厚切りジェイソン

有名なのが、厚切りジェイソンことジェイソン・デイヴィッド・ダニエルソン(Jason David Danielson)氏です。

「Why Japanese people!?」をキャッチフレーズに、漢字をテーマにしたネタで有名ですね。

そんな厚切りジェイソン氏は、テラスカイというIT企業にて役員という立場で経営に携わっています。テラスカイとは、Salesforce.comのSaaS型CRMソリューションの導入支援を行うITベンダーです。

創業期からテラスカイにいるようで、日本拠点の立ち上げに関わった、もしくはジェイソン氏が主導したみたいですね。

ストックオプションを相当もっているらしいので、数年前の上場以降、資産はかなり増えているんじゃないのかな?

羨ましい限りです。

にゃんこスターアンゴラ村長

大塚愛さんのヒット曲『さくらんぼ』にのせたリズムネタ?で一気に売れたお笑いコンビ「にゃんこスター」。

にゃんこスターの女性のほう、アンゴラ村長もパラレルキャリアをしています。

芸人としてのキャリアがメインの彼女ですが、ご両親との約束で、ITベンチャーにて新規営業を担当していらっしゃいます。

ベンチャー企業からの給与は10万円ほどということですので、これもパラレルキャリアになります。

食うためのバイトとは違う

芸人だけでは食ってけないからバイトをする、というのはよくあることだと思いますが、この場合はあくまで芸人としてのキャリアを維持するための不可抗力なので、パラレルキャリアではありません。







パラレルキャリアとは

気に入ったらシェアお願いします(>人<;)