テイトプレスは左右の上腕三頭筋を同時かつ適切な重量で鍛える筋トレ

テイトプレス




本記事では、上腕三頭筋を鍛えるちょっと珍しい筋力トレーニングであるテイトプレスをご紹介します。

効果的なテイトプレスのやり方

フラットベンチや床に仰向けになる

テイトプレスは寝転んだ状態で行うトレーニングです。なので、スポーツジムなどでやる場合はフラットベンチ、ご自宅でやる場合は床などに仰向けになりましょう。

テイトプレス

 

ダンベルを持って腕をまっすぐ伸ばす

続いて、ダンベルを両手にもって腕をまっすぐ伸ばします。ダンベルは横になるようにグリップしましょう。

テイトプレス

ここまでがテイトプレスのスタートポジションです。早速はじめていきましょう。

 

肘を折りたたみダンベルを胸に近づける

テイトプレスの動きはちょっと特殊です。腕をまっすぐ伸ばした状態から、二の腕を動かすことなくダンベルを胸に近づけていきます。

テイトプレスのフォーム

テイトプレスのフォーム

ダンベルが胸にあたったところで、元の高さまで腕を戻していきます。これで1回となります。

この一連の動作を10回くらいで限界になる重量で、3~5セットを目安に行いましょう。

 

あとがき

いかがでしたでしょうか。

テイトプレスはかなりマイナーなのでご存知でない方も多いと思いますが、トライセプス・キックバックトライセプス・エクステンション(フレンチプレス)に飽きてしまったトレーニーにオススメです。

 

ご質問は「お問い合わせフォーム」で受け付けています。







テイトプレス

シェアしてもらえると嬉しいです。