筋トレダイエット日記《3日目》~風邪でもコンパウンドを1種目やるよ~

筋トレダイエット日記《3日目》~風邪でもコンパウンドを1種目やるよ!~

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部を卒業後、外資系企業に勤務しながらプロボディビルダーに師事し知識と技術を習得。現在は渋谷でサラリーマンをする傍ら、休日にパーソナルトレーニングを指導している。




筋トレダイエット日記は3日目です。

2日目にして速攻で風邪をひいてしまったので、昨日は23時に寝てカラダの回復につとめました。

といっても、ただでさえ筋線維(筋繊維)の修復に摂取した栄養を総動員しているので、7時間睡眠をとったところですぐに治るわけではありません。

風邪は免疫反応なので、引き続きBCAAを多めに摂取して体力回復を目指していきます。

▶︎参考:風邪をひいた時は必須アミノ酸のBCAAを摂取すべき

 

体調が悪い日のトレーニングは?

「本格的に筋トレをすると風邪をひく」

これには栄養管理の失敗という側面があるのですが、慣れない頃は自分にふさわしい栄養量がわからないので、一度は経験してしまうでしょう。

せっかく風邪をひいたので、体調不良時のトレーニングについて少しだけ書いてみます。

家に筋トレ用具があると楽

こんなとき、ジムに通ってトレーニングしている方だと「今日は体調が悪いからいっか…」となってスキップしてしまうかもしれません。

ですが、もし自宅に筋トレ用具があるのであれば、外出する手間もなく、他人の目を気にして身なりを整える必要もないので、気軽に筋トレすることができます。

▶︎ 家トレが最高のダイエット法である理由

 

僕も自宅にダンベルセットがあるので、朝起きて着替えることもなく、パジャマのまんまでトレーニングしています。

 

コンパウンドを1種目だけやる

体調が悪いからといってサボることはおすすめしません。「1度でもサボると続かなくなる確率が高い」からです。

休息日を決めてしっかり休むのであればいいですが、それ以外で休んでしまうと休みグセがついてしまいます。

とはいえ、やっぱり体調が悪いわけですから、いつも通りキードな筋トレをするのもよくない。

そこでおすすめなのが、コンパウンド種目を1種目だけやることです。

体力がないので何種目もやれませんが、コンパウンド種目なら1回で複数の筋肉を同時に導入することができます。

コンパウンド種目とアイソレーション種目の特徴や違いを解説!メリットとトレーニング種目も!

2017.03.08

 

背中のトレーニング

今日はDay3なので背中をトレーニングを実施します。

僕のトレーニングプラン

といっても、本日は完全に風邪をひいていて体調が悪いので、上でもお話したとおりコンパウンド種目を1つだけやります。

ダンベル・デッドリフト

背中のコンパウンドトレーニングとして本日は行うのはデッドリフトです。

バーベル・デッドリフトが一般的ですが、家にはダンベルしかないのでダンベル・デッドリフトを行いました。

ダンベル・デッドリフト

ダンベル・デッドリフトでは主に以下の筋肉が鍛えられます。

  1. 大殿筋
  2. ハムストリングス
  3. 広背筋

 

Yoshio
体調が悪くて体力がほとんどありませんので、1種目だけで多くの筋肉が鍛えられるメニューを選びたいんです。

 

筋トレのログ

  1. ダンベル・デッドリフト(44kg)×10
  2. ダンベル・デッドリフト(44kg)×10
  3. ダンベル・デッドリフト(44kg)×10

 

本日の所感

本日はダンベル・デッドリフトだけでした。

体調管理の大切さは理解している”つもり”でしたが、実際にコントロールするのはすごく難しいですね。

仕事もしていると睡眠時間がどうしても削れがちで、免疫力が落ちやすく気をつけないといけません。

開始して3日目ですぐに風邪をひいたのは反省。今後は睡眠時間をなんとか確保できるよう生活スタイルを見直していきます。

 







筋トレダイエット日記《3日目》~風邪でもコンパウンドを1種目やるよ!~

気に入ったらシェアお願いします(>人<;)