アデノシンとは? ~Adenosine~

アデノシンの化学式

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部を卒業後、外資系企業に勤務しながらプロボディビルダーに師事し知識と技術を習得。現在は渋谷でサラリーマンをする傍ら、休日にパーソナルトレーニングを指導している。




核酸と糖が結合することによって生まれる化合物の1種。

アデノシンとは?

厚生労働省が医薬部外品として認可

資生堂リサーチセンターの中沢陽介氏が執筆した論文によれば、アデノシンは厚生労働省に医薬部外品として認可されている成分のようです。

アデノシンは、毛乳頭細胞の受容体を刺激して発毛促進因子FGF-7を産生させ、毛成長を促進する作用メカニズムが明らかとなった。

ダブルブラインドランダマイズド試験法による育毛効果も実証され、さらに安全性及び安定性にも問題が無かったことから、厚生労働省から新規医薬部外品有効成分として承認された

Source:『育毛剤研究の概況とアデノシンの有効性
資生堂リサーチセンター 中沢陽介氏

 

医薬部外品なので効能は緩やか

かつての薬事法は、2014年11月25日より『医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律』(以下、薬機法)に変わりました。

薬機法の第二条第二項において、医薬部外品が定義されています。

この法律で「医薬部外品」とは、次に掲げる物であつて人体に対する作用が緩和なものをいう。

第一号
次のイからハまでに掲げる目的のために使用される物(これらの使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であって機械器具等でないもの。

イ 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
ロ あせも、ただれ等の防止
ハ 脱毛の防止、育毛又は除毛

第二号
人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみその他これらに類する生物の防除の目的のために使用される物(この使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であつて機械器具等でないもの。

第三号
前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物(前二号に掲げる物を除く。)のうち、厚生労働大臣が指定するもの。

Source:『医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律
総務省法令データ提供システム

 

一方で、「医薬品」は第二条第一項において以下のように定義されています。

この法律で「医薬品」とは、次に掲げる物をいう。

第一号
日本薬局方に収められている物

第二号
人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であつて、機械器具、歯科材料、医療用品及び衛生用品(以下「機械器具等」という。)でないもの(医薬部外品を除く。)

第三号
人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であつて、機械器具等でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く。)

Source:『医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律
総務省法令データ提供システム

 

つまり、「医薬品」は病気の診断・治療・予防を目的にしている商品で、「医薬部外品」は病気の治療目的ではなく、吐き気や口臭体臭、あせもただれ、脱毛防止や育毛のために使用される商品と定義されます。

なおかつ、「医薬部外品」には人体に対する作用が緩和なものという定義も加わっているので、「確実に効果がありますよ」なんて風に宣伝すること自体が薬機法違反になるのです。







アデノシンの化学式

気に入ったらシェアお願いします(>人<;)