バーベル・シュラッグで僧帽筋上部を収縮させて鍛えるやり方とコツ

バーベルシュラッグ

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。パーソナルトレーナー。東京23区を中心に出張パーソナルトレーニングを提供しています。




本日は、バーベルを使って僧帽筋上部を鍛えることができるトレーニングメニューである、バーベル・シュラッグのやり方・効果・コツなどをご紹介していきます。

ダンベル・シュラッグも僧帽筋を鍛える筋トレ種目ですが、バーベル・シュラッグのほうが肩甲骨が少し前に出るフォームになるので、より僧帽筋上部を鍛えることができるという特徴があります。

Yoshio
バーベル・ショルダーシュラッグと呼んでいるトレーナーさんもいます。

バーベルシュラッグのやり方

バーベルシュラッグ

まっすぐ立ってバーベルを持つ

バーベルシュラッグのフォーム

バーベルシュラッグの準備

背筋をまっすぐ伸ばして、両足を肩幅程度に開いて仁王立ちになります。

そして、バーベルを両手で真横に持って股関節の前あたりに構えます。

手首は内側です。手の甲が正面方向を向いている状態が正解です。逆に手首を外側にしてしまうと、肩を上に引き上げる動作が苦しくなってしまいます。

 

肩をすくめる

バーベルシュラッグ

ここからの動作はダンベルシュラッグの動かし方と同じです。

肘を屈曲させて腕を曲げてしまうことがないよう、腕は伸ばしたままキープします。

あくまで肩にある僧帽筋を上に引っ張っていくイメージです。







バーベルシュラッグ

お役にたったらシェアしてください