炭水化物と糖質の違いとは?

炭水化物と糖質の違いとは?

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部を卒業後、外資系企業に勤務しながらプロボディビルダーに師事し知識と技術を習得。現在は渋谷でサラリーマンをする傍ら、休日にパーソナルトレーニングを指導している。




低炭水化物ダイエット。糖質制限ダイエット。

毎年、必ずテレビや雑誌で何かしらが話題になるダイエット。昨年は炭水化物と糖質に焦点があたった1年だった気がします。

ですが、炭水化物と糖質という2つの単語の意味、実は違うことをご存じでしたか?

本日は、炭水化物と糖質の違いについてお話していきます。

炭水化物とは?

まずは炭水化物から学んでいきましょう。

炭水化物 = 糖質+食物線維

「炭水化物」という用語は「糖質と食物線維を合計したもの」になります。

炭水化物 = 糖質+食物線維
Yoshio
栄養成分表示においては、「炭水化物」と「糖質」のどちら使っても良いことになっているのですが、「糖質」を使う場合は「食物線維」を別途表記する必要があります。

 

糖質とは?

糖質とは、食物線維を除く糖類全般のことです。具体的には、糖類、多糖類、糖アルコールなどが挙げられます。

 

炭水化物・糖質・糖類の違い

炭水化物、糖質、糖類など、似たような単語はたくさんあるので、いったん整理しておきます。

炭水化物・糖質・糖類の違い







炭水化物と糖質の違いとは?

気に入ったらシェアお願いします(>人<;)