ダンベルシュラッグのやり方!僧帽筋に効果的な刺激を与えるポイント

ダンベルシュラッグ

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。パーソナルトレーナー。東京23区を中心に出張パーソナルトレーニングを提供しています。




本日は、ダンベルを使って僧帽筋を鍛える筋トレであるダンベルシュラッグをご紹介いたします。

ダンベルシュラッグのやり方

ダンベルを両手にもつ

ダンベルシュラッグでのグリップ

ダンベルシュラッグでのグリップ

ダンベルを両手にそれぞれ持ちます。

正面からみたときにダンベルと横にするのではなく、ダンベルを縦に持ちましょう。手首が身体の方向を向いていればOKです。

 

肩をすくめる

肩をすくめる

肩をすくめる

ダンベルを持って準備ができたら、そのまま肩をすくめます。

ダンベルシュラッグは上腕二頭筋を鍛えるトレーニングではないので、肘関節を曲げてはいけません。

肩をすくめて、またストンと戻す動作で1回です。







ダンベルシュラッグ

お役にたったらシェアしてください