ファズラー・ラフマン・カーン(構造工学技術者)

ファズラー・ラフマン・カーン(構造工学技術者)

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。パーソナルトレーナー。東京23区を中心に出張パーソナルトレーニングを提供しています。




2017年4月3日、検索エンジン大手のGoogleのロゴが以下のように変わりました。

Google Logo in 2017.4.3

このイラストはどうやら、構造工学技術者のファズラー・ラフマン・カーン氏生誕88周年を記念したもののようです。

ファズラー・ラフマン・カーン氏はどんな人物?

バングラデシュ系アメリカ人

ファズラー・ラフマン・カーン氏は1929年4月3日、バングラデシュの首都ダッカで生まれました。

ダッカの変遷

  • 1947年まではイギリス領インド植民地の一部
  • 1947年~71年まではパキスタン領
  • 1971年~現在まではバングラデシュ領

 

ファズラー・ラフマン・カーン氏の業績

チューブ構造を実現

ファズラー・ラフマン・カーン氏は、超高層ビルのさらなる強化(100階)および軽量化(柱の削減)を可能にする「チューブ構造」というアイデアを先駆けて実現しました。

チューブ構造を実現したジョン・ハンコック・センター

ジョン・ハンコック・センター

 

数々の賞を受賞している

ファズラー・ラフマン・カーン氏の業績はチューブ構造にとどまりません。

彼はその功績から、複数機関より数々の賞を受賞しています。

  • 米国コンクリート学会から1971年と1973年
  • 米国土木学会から1972年と1977年
  • 米国鉄骨構造物学会から1973年
  • 英国構造工学協会から1973年
  • 国際構造工学会から1983年
  • アメリカ建築家協会から1983年
  • イリノイ州構造工学技術者連盟より1987年
  • その他(2006年)







ファズラー・ラフマン・カーン(構造工学技術者)

お役にたったらシェアしてください