ハイプルは全身の瞬発力を鍛えるウェイトリフティング向きの筋トレ

ハイプル

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部卒業。パーソナルトレーナー。東京23区を中心に出張パーソナルトレーニングを提供しています。




筋肥大ではなく筋肉の瞬発力を高めることを目的に行われる、ハイプルという筋トレをご紹介します。

ハイプルの効果的なやり方

プレートをセットしたバーベルを用意

プレートをセットしたバーベルを用意

ハイプルではプレートをセットしたバーベルを使います。

ハイプルはバーベルを首の根元まで一気に持ち上げ、腕の力を抜き一瞬で戻す動作です。そのため、誤ってバーベルを落としてしまうことが多く、一般的なジムでは断れられるケースが多いという欠点があります。

ハイプルOKなジムでも、床にマットを引いたりしない限りは禁止されることが多く、あまり一般的な筋トレではありません。

 

腕を伸ばしたままバーベルを引き上げる

バーベルのを両手でグリップし、デッドリフトのように腕を伸ばしたまま引き上げます。

グリップの手幅には指定がありません。

ハイプルのフォーム

ハイプルのフォーム(前半)

ここからバーベルを戻したらデッドリフトになってしまいますが、ハイプルではここからさらに動作が加わります。

 

首の根元あたりまでさらに引き上げる

ハイプルのフォーム(後半)

ハイプルのフォーム(後半)

腰あたりまであげたバーベルを、アップライトロウのように首の根元まで引き上げます。

ハイプルは、バーベルをグリップしてから首まで引き上げる動作を一気に行う筋肉トレーニングです。

 

腕の力を抜いてバーベルを下ろす

引き上げた後はエンドポジションになります。

バーベルを持っている腕の力を抜いて腰あたりまでだらーんとさせれば終了です。一連の流れはyoutubeの動画をご覧ください。







ハイプル

お役にたったらシェアしてください