WPI製法とは? ~Whey protein isolate~|高純度タンパク質でこだわりたい玄人プロテイン

ABOUTこのブログの運営者

慶應義塾大学商学部を卒業後、外資系企業に勤務しながらプロボディビルダーに師事し知識と技術を習得。現在は渋谷でサラリーマンをする傍ら、休日にパーソナルトレーニングを指導している。




ここでは、プロテイン製法の1つである「WPI製法」についてお話しています。

WPIとは?

WPIの正式名称はWhey Protein Isolateでホエイプロテインアイソレートと言います。

タンパク質純度が高いプロテインを製造するための方法です。

タンパク質純度が90%以上

WPI製法で作られたプロテインの特徴は、何と言ってもそのタンパク質含有量です。

WPI製法で作られたプロテインのタンパク質純度は90%以上であり、一般的な製法であるWPC式のプロテインが70~80%ですから、かなり高純度であることがわかります。

WPCに多く残されていた乳糖を極力取り除いているので、牛乳を飲むとお腹を下してしまう乳糖不耐症の方にもおすすめです。

 

製造コストがかかるので価格は高め

WPI製法はWPC製法よりも製造工数がかかり、かつ専用の製造技術が必要となるのでお金もかかります。

その結果、どうしても僕たちの手元に届くお金はそれなりに高くなってしまうのです。







気に入ったらシェアお願いします(>人<;)